不動産ランキング(投資用会社)

不動産投資ランキング

不動産投資会社 ランキング 比較

不動産会社選び


選ぶとき悩んだりしませんか?
どういう基準で選ばいいのだろう?
本当にいい会社はどこなんだろう?

このサイトでは様々な会社の口コミ情報などを
集めランキング形式で比較いたしました。

 

 

 

ウィルレイズ
明光  どこかに投資用のマンションの相談にのってくれる会社はいないものかとお探しの方に、
株式会社ウィルレイズをお薦めします。ウィルレイズは投資用マンションの販売やグレードアップ、
ブラッシュアップに定評のある不動産企業で、投資用マンションの情報も豊富です。
 そのうえ販売後の入居者募集や家賃の徴集、契約の更新などマンションの
管理・運営も代行してくれるので、一括してまかせれば購入前に事前にマンションの
維持や管理の相談をすることもできます。
 マンション投資は、長期にわたって投資した資金を回収してゆく投資です。
購入のときから長期的な視野に立って相談できるパートナーがいると心強いもの。
投資マンション探しなら、ぜひ一度、株式会社ウィルレイズに相談してみてください。
無料セミナーも頻繁に開催しているようなので一度参加されてはいかが?
詳細はこちら>> マンション投資 無料セミナー
トーシンパートナーズ
トーシン トーシンパートナーズが自社ブランドで展開しているフェニックスシリーズは、
都心に出てくる若者たちをコアターゲットとする投資用マンションです。
立地に優れた新宿や杉並など、山手線や中央線沿線を中心に、
建物構造や設備・仕様にまでこだわった物件群で、入居率も90%を越えています。
 購入後の物件管理もTOSシステム(トーシン・オーナー・サポート・システム)という、
家賃の集金はもちろん、入居者の募集、契約、更新、管理まで、一括して代行するトータルサポートシステムがあるので安心です。
建物のメンテナンスも定期的に検査し、30年サイクルの修繕計画をもとに、
修繕やリフォームなどを行うので、長期的に安定した家賃収入が見込めます。
 さらに、トーシンパートナーズの物件を購入したオーナーには、
「お客様相談室」
として専用ダイヤルにより、専任スタッフを中心としたサービスが提供され、
所有物件に関する問い合わせや、マンション経営に関する各種相談に応じてくれます。
 老後を見据えたマンション投資をお考えの方は、トーシンパートナーズのフェニックスシリーズも検討に加えられることをお薦めします。
シノケンハーモニー
シノケン シノケンハーモニーは以前は日商ハーモニーという名称で、上場デベロッパーであるシノケングループの子会社です。
おもにシノケングループが施工した投資用マンションを販売しているのですが、広告費を抑えることで
中央区、文京区、豊島区などを中心に、都心でも好立地にあるデザイナーズマンションを比較的低価格で提供しています。
いずれも単身者向けで、家具や家電が付いたグレードの高い物件もあります。
 グループ内で施工した物件なので、企画から販売、管理・運用までをトータルでサポートするシステムで、
35年間の家賃保証システムがあるところからも、物件と販売後の管理に対する自信がうかがえます。
 シノケンハーモニーの販売する投資用マンションは、ただオシャレなだけではありません。
構造計算は第三者専門機関に依頼し、その検証を別の第三者検査機関に委託するといった
ダブルチェック体制を敷いているので、安全性でも安心できます。
 そのほか取り扱っている物件は少ないのですが、シノケンハーモニーの物件は立地などに優れた優良物件が多く、
サラリーマン投資家や年金対策にも適した物件を紹介してくれます。
商品タイトル

 


スカイコート
スカイコート


住友不動産
住友


大京
大京

 

 

金持ち父さん貧乏父さんの影響から
自宅購入も投資の一つであるという考え方は
かなり浸透してきました。

 

資産インフレに備えて不動産への投資をする。

 

賃料相場は基本的にインフレ、物価上昇に連動する可能性が高く、

 

将来は毎月の家賃を年金代わりに受け取るということでインフレヘッジする
事が可能です。

 

 

不動産ランキング 比較

 

投資用不動産(たとえばアパート経営、マンション経営)では、
利回りは高ければ全てOKいうものではありません。

 

利回りの違いを勉強してください。
表面利回りと実質利回りの違いとか、高い利回りの物件には危険がないのか判断する力をつけるなど
不動産ランキングでの投資の利回りは購入時の総投資額と年間の実質収入を基本に考えていきます。

 

区分は、1戸ごとで売却したりすることが可能です。
一部を換金できるので、一棟モノRCマンションやアパートとは違う部分として、
投資した資金の1戸売ることで回収することができます。
ニーズとしてもそういう希望の方も多いのでワンルームのようなタイプも投資対象と考慮してもいいと思います。

 

大きな物件を購入すると大きな修繕リスクを抱え込みます。
今は金利がゼロに近いほど低金利だから返済額も少なくていいですが、
金利が上昇してキャッシュフローを圧迫してくると修繕費用も捻出するのが
難しくなります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ